このブログは意味もなく食品サンプルネギを応援しています。

ケメコが新たな嫁になりました。
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
●<オッワーレ!
2008 / 01 / 29 ( Tue )
二月初頭開催の素敵な遠足への招待がありました。
どう考えても次の給料日には貯金が空になりそうなので久々に連勤状態です。
そのおかげか、胃の荒れ方が尋常じゃないふぁ~Bです。
 
この前の続きです!
 
 
現在のパーティーメンバー
 
・ZQN
・ディバ
 
状態:ディバカーで国道を走行中
 
 

うねうねした峠道を走行中からずっとらいるからメールが着ていた。
内容や意味は特にないメールだが、なんとなくグダグダに続いていた。
らいるは暇なんだなー。なんて思っていた。
なんて思いながら「クレアァァァァ!!」って叫んでた。
 
ZQN
「お、横の車セレナやぞwww」
 

「クレアァァァァァ!」
 
ZQN
「だからセレナやってのwww」
 

「セレナァァァァ!」
 
ディバ
「うるさいwww」
 
 
そんなこんなで賑やかにディバカーは走る。
そんな賑やかな中、ZQNが暇人らいるから届いた一通のメールを読んで笑った。
 
ZQN
「おいwwwらいるバスに乗りそこねたらしいぜwww」
 

一時間に2本程度しかないバスに乗り遅れたのか。
そりゃ暇だわな。
 
この話題は、らいるバッカスwwwwで終わり、未来の話――晩飯の話になった。
 
ZQN
「行くなら俺は行く」
 

「俺も問題なし!」
 
ディバ
「よし! じゃあしゃか呼ぼうぜ!」
 
 
って事でZQNがしゃかにラヴテレフォンをかけることに。
 

ZQN
「……(しゃかの応答待ち)……皆々の者、うじゅが占ってしんぜよう!(裏声)」
 
 
俺&ディバ
「ちょwwwww」
 
 
ZQNがしゃかに電話をかけるなり、例の電波天狗巫女の真似をしだしたので驚いてZQNの方を見ると、ZQNのそばの窓が開いていた。
ディバはそれに気づくなりすぐに窓を閉めたが時すでに遅し。
タイミングも信号待ち中だったこともあり、隣で同じくして窓をあけていたトラックのおっさんがZQNの声を聞くなりビクッ! っとして二度見してきた。
もちろんその顔は怪訝というか不審人物を見る目というか……。
 
そういう目をしていた。
 
ちなみに誘ったしゃかは「金がない」とかで来なかった。
お金の使用は計画的に。
 
まー、三人でもいいかなー。
 
そんな空気になっていた時、バスに乗りそこねていろんな人にメールを乱射してたらいるにZQNがお前来いよ的なメールを送ってた。
そしたら返事が
 
ちょwww俺今から行っても二次会からとかじゃねーかwww
 
 
だった。
前日に俺が連行された時と同じフリだった事もあり、拉致決定。
 
色々都合等を考え、今後の方針を決定。
 
・ディバは一回帰宅。その途中のZQNの家の前で俺もおろしてもらう。
・車を我が家のにチェンジ。
・らいるには電車でなるべくこちら側に来てもらう。
・ZQNを拾ってからこちらに向かっているらいるを拾いに行く。
・ディバにZQN宅前まで来てもらい、それを拾ってから晩飯へ。
 
 
って事で車をチェンジしてからZQNを拾ったとこから。
 
らいるの移動速度は思ったより速く、当初日根野か熊取あたりで拾うつもりだったが、そろそろ東岸和田まできてるとの事。
ZQNとさてどうするかー、って話してたらばらいるから電話がかかってきた。
俺は運転中だったのでZQNに電話に出てもらった。
 
ZQN
「うん、今出たとこ。今どこ? 東岸和田やんな? 出たとこにサティあるやろ? ……え? お前よく…… 何? 熊取?」

 
結局らいるは熊取で拾う事になった。
 
ちなみに熊取→東岸和田間は快速で一駅分の距離。
 
 

「よし! じゃあ! ナビ頼んだぜ!」
 
ZQN
「え?」
 

「ほら! 熊取駅までの道!」
 
ZQN
「え? 俺知らんでwww」
 

「マジかwwww俺も知らんwwww」
 
 
ちなみに我が家の車にカーナビは搭載されておりません。
 

「まぁ、快速停まる駅やし大丈夫やろwwww」

 
なんていう超見切り発車で熊取駅へ向かうことに。
国道26号線という大きい国道をひたすら南下していくと、予想通り<←熊取駅>の看板を見つけてその道に入る。
入ったんだけど……。
 
その道は細かった。
狭かった。
 
前日のらいる邸近くの道を彷彿とさせた。
 
そんな道だから不安で仕方なかったが、途中で
熊取  3km
いう看板をみつけたので信じて走り続けたが、どう考えても3キロくらいは走ったのに熊取駅が見えない。
もしかしたらもう通りすぎたのかもしれんね。なんて話をしてたら大きめの道で<熊取西>などという交差点を見つけた。
あの駅って大きめの道路にあったっぽいよな! っていう俺の先入観からZQNに提案。
 

「あの道路に沿って走ってみようぜ!」
 
ZQN
「おkwww」
 

看板を見た時はすでに直進コースだったので、交差点過ぎてすぐにあった駐車場でUターンしてその交差点へ。
目的の交差点を俺の本能から右折を決定し、すぐに見えた看板を必死に見ようとしてたら、曲がってすぐにあった信号で停まってた前の車を堀りそうになった。
 
ZQN
「おいおいwww危ないなぁ~」
 

「うぇwwwすまないwwwww」
 
 
一瞬走った緊張を開放するためにため息をつきいた。
その時ふと視界右後ろに看板が確認できたので、信号待ちだった事もあり、見てみると…
 
←熊取駅
 

「うおwww後ろの看板に熊取駅の矢印ついてるwww」
 
ZQN
「マジかwwwこっちからじゃ見えんわww」
 

そしてその矢印の看板がさしていた道を見てみると、先程Uターンしてきた細い道だった。

 
なんだとコノヤロウwwwwww 
 
 
結局苦労して脱出したさっきの細い窮屈な道に戻り、ほんの少し走った所にあった交差点にその看板はあった。
 
→JR熊取駅
 
ふぁっきん。
 
 
こうして神戸の祖母の家から俺の自宅まで丁度一周だったCDが一週半くらいしたところでようやくらいるを拾う事に成功し、再びZQNの家のほうへ向かった。
 
戻るにも国道26号を使って走っていたのだが、途中の東岸和田あたりで急に道が混みだした。
最初は、帰宅ラッシュかー……とか暢気に思っていたが、マジで全然進まない状況に違和感を感じていたら後ろからパトカーがきた。
 
事故か!
 
そして前方を見ると、大きな高架があるのだがそこの車はこちらより動いていない。
もし高架で事故があって車が進まないのなら高架に入るとしばらくは動けなくなる。
 
これはマズい!
 
そう判断するやいなや、一番右側―中央側―から高架に乗らない一番左側の車線まで一気に車線変更。
車二台分くらいのギリギリの距離で高架に乗るのをまぬがれた。
 
ZQN
「高架おりてすぐの事故であんだけ詰まってたらこのまま直進したらまた巻き込まれるからちょっと迂回しようぜ!」
 

「おk!」
 
 
って事で高架下にあった小さめの交差点で左折した。
そしたらすごい音した。 
 
ガァン!
 
バキィ!
 
プラスチックが折れるような音、そして車内に振動。
どうやらバンパーから縁石に乗り上げて落ちたたようだ。
寝不足で集中力散漫だった故にテキトー運転だったとはいえ、このような事は初めてだったのでマジでヘコんだ。
 
ヘコんでても仕方ないのでバンパーが折れていないか心配しつつも待たせているディバを一刻も早く拾うために車を走らせ続けた。
 
しばらく迂回してから国道26号に戻るといつものその時間の26号に比べるとありえないくらい空いていた。
おそらく例の高架の事故処理がまだすんでいなかったのだろう。
おかげで快適にはしれたが、ガソリンが尽きかけていたのでセルフのガソリンスタンドで給油。
 
この時にバンパー等を確認した。
 
どうにも猫に爪とぎされた家の壁みたいにはなっていたが折れたりはしていなかったので、よくはないが一安心。
 
給油を済ませると約束のZQN宅前でディバを拾ってファミレス、ガストへ。
 
ディバの車の中で晩飯の話をしている時は、ちょっと早い晩飯だなー。とか云ってたのに結局は九時前にいただきます。
遅い! ……というより長かった。
 
さすがに3週間も経っているので会話内容は憶えていないので割愛。
とりあえず会話の流れからオールナイトカラオケが決定、飯を食い終わってフリータイム開始時間を見計らってガストを出て、ガストの隣にあったファミリーマートでリポビタンDを購入してドーピング。そしてそのまま俺の車でカラオケ屋へGO!
 
この時まだすでに俺の喉は完調ではなかったけど頑張ったよ!
途中で高音出なくなったくらいにねwww
 
カラオケの流れは勇者王頻発。
 
ノリのいい歌だったらどれこれかまわずにウィーウィーシャーシャーナイッナイッよっしゃあ! 云ってた。
 
恋せよガオガイガーウィーウィー
 
最後のシメは鳥の詩(杉田かおるじゃないほう)をテンポ+7で全員で合唱。
不気味だけど楽しい空間だったよ。
 
カラオケ終了時の時刻、朝4時。
当然らいるは電車がないので俺の家にお泊り決定。
帰宅途中の車内では翌日(もはや当日)の予定を話し合う大学生3人。
 
どうやらまたしてもディバカーでの送迎が決まったようだった。
そしてディバカーでの送迎が決定した所でZQNも俺の家にお泊り決定。
 
とりあえず帰宅途中にZQN宅前にてディバと、いったんZQNを降ろす。
ディバはこのままバイバイしてZQNは大学の用意をとりに一旦自宅へ。
 
そして大学の用意をとってきたZQNがかえってくると、拾い、我が家へ帰宅。
この時すでに4時半。
 
どうやららいるとZQNは7時10分に近くのコンビニ集合らしいので2時間くらいしか眠れない。
それでも寝るのだよ彼らは。
 
こうして予定通りの2時間後に目を覚ますと用意をして出て行く二人を玄関で見送り、再び布団に戻るとそこで意識が無くなった。
 
――こうして目が覚めるとお約束の真っ暗で、しかも夜には普通の時間に眠ってしまいなんとも時間のもったいない一日で、怒涛の3日間がようやく終わった。
 
ようやくとは言ったものの、その三日間、時間のすぎるのが早い事のなんの。
だというのに俺の部屋はその日から時間が止まっている。
 
……これはちょっとした恐怖ですよ?
 
オチでーす。
 
 
 

 
今日の戯言:さて、ようやく次回に……
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

日記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<【08年】アクセス解析【1月】 | ホーム | こちらスネーク、近○大学潜入に成功した。>>
コメント
----

おつかれですたwwww

また是非にwww
by: 色褪せた赤色 * 2008/01/29 10:21 * URL [ 編集] | page top↑
----

とりあえず名前出てきただけのしゃかの空気っぷりがww

遠足の運転手は僕のようです!
まぁ悪い事にはならないでしょう☆
by: もやしそばァァ * 2008/01/29 11:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

あの時は5分で爆睡 余裕でした(^o^)
by: らいる * 2008/01/29 13:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

>>ばーみぃ
 
うぇwww
その時はもっと時間とサイフに余裕があるときにするよぉw
 
 
>>そばばばばばば
 
とりあえず名前だけです。
 
そうか! 安心して眠れそうだ!
 
 
>>らいる
 
お、俺なんか3分で寝たもんねっ!
by: ふぁ~B * 2008/01/29 18:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

最後に寝た俺はらいるのいびきに悩まされるのであった。
by: ZQN * 2008/01/29 19:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

そか、遂にブツけたか…プッw

by: たこ * 2008/02/04 03:14 * URL [ 編集] | page top↑
----

>>ZQN

ごめん、それもしかしたら親父のいびきかも……(ぇ
 
 
>>たこ
 
どうした。感動のあまり実ごと放屁したか。
by: ふぁ~B * 2008/02/08 21:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://farb.blog54.fc2.com/tb.php/267-4bcf1d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。